コメントを使用してコミュニティとつながる

基本理念を構築しファンを獲得したら、楽しく建設的な方法でファンとつながりたくなるものです。コメント機能は視聴者とのつながりを深められる手段です。このレッスンでは、クリエイターとファンにとって建設的で安全なコミュニティを維持しやすくする各種機能をご紹介します。

  • 所要時間: 15 分
  • レベル: 「コメントを数回使用したことがある」
  • 条件となるチャンネル登録者数: 最小要件なし
  • 公開日: 2019 年 11 月 25 日

注意: 視聴者設定で「子ども向け」であると指定すると、児童オンライン プライバシー保護法(Children's Online Privacy Protection Act、COPPA)やその他の適用される法律に従い、特定の機能が制限されます。制限が設けられると、該当する動画やライブ配信でコメントが利用できなくなります。詳しくはこちらをご覧ください。

  1. 理解度チェック

    コメントについての知識を試してみましょう
  2. コメントの概要

    この動画では、コメントの機能を詳しくご紹介します。

  3. 質の高いコメントを促進する

    コメントは視聴者から直接フィードバックを得たり、質問に答えたりできる、動画を中心にしたコミュニティや会話を生み出すのにうってつけのツールです。以下に具体的なコメントの活用方法をいくつかご紹介します。


    お気に入りのコメントにハートをつける

    • コメントにハートをつけると、視聴者の画面ではチャンネル アイコンに小さい赤色のハートアイコンが表示され、投稿コメントが評価されたことを知らせる通知が視聴者に届きます。
    • こうすることで、迅速かつ効果的に、熱心なファン層を構築し、視聴者に感謝を示すことができます。

    コメントをフィードの上部に固定する

      コメントを固定すると、ファンが動画を視聴する際に最初に目にするコメントを目立たせることできます。自分のコメントでもファンのコメントでも固定できます。コメントの固定は次のような目的に効果的です。

    • 動画で重要なことを明確にする。
    • 視聴者に特定の質問をする。
    • 特定の瞬間や隠しネタに関するティーザーを掲載する。
    • 目を引いたファンのコメントを固定して強調する。
    • 視聴してくれたユーザーに感謝を示す。

  4. コメントに返信する


    新しいフィルタを使用してコメントを検索する(現在はパソコンの Studio でのみ使用可能)

  5. 人を傷つけるコメントや不適切なコメントに対応する

    ご存知だと思いますが、コメントは好意的で適切なものばかりとは限りません。YouTube は、皆さんが建設的で安全なコミュニティを維持し、自身が快適でいられるようにすることが非常に重要であると認識しています。このため、コメントレベルとチャンネル レベルで役立つツールを用意しました。


    コメントレベルで実施できる対策は次のとおりです。


    コメントとそれに対するすべての返信を削除する。

    • コメントの横にあるその他アイコンをクリックし、[削除] を選択します。この操作は、YouTube Studio の [コメント] タブでも行えます。
  6. コメントを YouTube に報告する。
  7. コメントが YouTube のコミュニティ ガイドラインに違反している場合は削除されます。
  8. ユーザーを非表示にする。
  9. この操作を行うと、特定のユーザーがあなたの動画にコメントを投稿できなくなります。
  10. 不適切なコメントで直接ユーザーをブロックすることも、チャンネル設定の [コミュニティ] タブでブロックすることもできます。ブロックしたユーザーに通知は送信されません。

  11. チャンネル レベルで実施できる対策は次のとおりです。


    アップロードのデフォルトを設定する。

    選択した設定はその後追加するすべての動画に適用されます。このデフォルト設定は、[詳細設定] タブで動画ごとに選択することもできます。

  12. この設定を以前アップロードした動画に適用する場合は、パソコンの Studio で一括操作を行います。

  13. ブロックする単語のリストを作成する。


    コメントのモデレーターを追加する。


    コメント機能をオフにする。

    コメントへの対応やツールの使用が手に余る場合は、[コミュニティ] のデフォルトで [コメントを無効にする] を選択し、いつでもすべてのコメントをオフにできます。