著作権法は YouTube にどのように適用されますか?

独立系ミュージシャンや vlogger(動画ブロガー)から大手レコード レーベルや映画スタジオまで、すべての著作権者に同じ独占的権利が付与されます。

  • 複製、配布、上演、上映、二次的著作物を作成する権利を行使または付与できるのは著作権者のみです。二次的著作物としては、ファン フィクション、続編、翻訳、スピンオフ、翻案などが挙げられます。
  • 注意: キャラクター、ストーリー、著作権で保護されたその他の要素に基づいた動画をアップロードする前に、弁護士から法律上の助言を受けることをおすすめします。

結論: 別の著作権者のコンテンツに基づいて新たな作品を作成する場合は、著作権者の許可を得る必要があります。著作物の使用許可、フェアユース、クリエイティブ・コモンズ、パブリック ドメインなどの例外措置については、コースで詳しく説明します。


YouTube が著作権の所有について判断を下すことはありますか?


いいえ。YouTube が権利の所有に関する争議および Content ID に関する異議申し立てを仲裁することはできません。著作権は法律で定められており、YouTube が規定したものではありません。

  • YouTube は正式かつ有効な削除通知を受け取った場合、法律に従ってそのコンテンツを削除します。
  • また、有効な異議申し立て通知を受け取ると、削除通知の申立人にそれを転送します。それ以後は、裁判を起こすなど、当事者同士で問題に対処することになります。訴訟手続きの証拠が提出されない場合、通常は 10 営業日の経過後に動画は復元されます。